乾燥肌の辛いかゆみを抑えるのにはどうしたらいい?

乾燥肌のかゆみの原因と対策

乾燥肌の辛いかゆみを抑えるのにはどうしたらいい?

 

乾燥肌のかゆみに悩む方も結構いて、我慢できないでかいてしまえば、肌が赤くなったり湿疹が出て肌の乾燥が進むことに成ります。肌表面を覆う皮脂、セラミドなど角質細胞間脂質の減少で、肌内部の水分含有量が減った乾燥肌は、ここから外部からの刺激が加わってかゆみが発生します。無防備な肌に髪の毛など触れる程度の軽い接触なども大きな刺激に。

 

 

 

乾燥によって通常弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾いて細菌増殖しやすくなったりします。そしてかゆいところをかくのは一時的に心地よさを感じるものですが、肌に傷んで炎症が起きればちょっとしたことでも敏感で、かゆみをより強く感じる悪循環が出ます。

 

そしてかいてる内かゆみの元の成分のヒスタミンがどんどん誘発されて、我慢できない位強くなることもあります。ですが、かゆみを我慢するのはつらくて、これを抑える有効成分を含んだ塗り薬などを使うのも対処法の1つ。そして尿素やセラミドやビタミンEをはじめいろいろな有効成分が婦生まれた製品が販売されていて、保湿、血行促進など効能もいろいろあって、自分に合ったものを使いましょう。

 

 

 

また肌のかゆみを悪化させてしまう要因に、衣類、寝具との摩擦の刺激があって、これを抑えるには素材選びが大事。ウールなどチクチクしてしまうものではなく、シルクなどの自然繊維を選んでください。そして衣類の内側についたタグなど刺激になってくることもあって、はさみで切ってから着用するといった工夫もいいでしょう。

 

 

 

またかゆみを伴う乾燥肌の方は入浴も注意してください。肌の保湿成分がながれだしやすく、暑い湯に長時間使うのは危険です。40度以下のぬるい湯に20分内といった目安。体を洗うときもこするのはダメで肌に優しい材質のものを選んで、荒れてるときは手洗でいいです。入浴後は化粧水などでしっかり保湿をしましょう。水分保持機能があるセラミド配合のケアも検討してみてください。