最も乾燥しやすい季節!冬場の乾燥肌、かゆみ対策

最も乾燥しやすい季節!冬場の乾燥肌、かゆみ対策

最も乾燥しやすい季節!冬場の乾燥肌、かゆみ対策

 

四季の中でも、特に肌が乾燥しやすいのが冬です。

 

冬は空気が乾燥し、空気中の水分が少なくなるため肌の水分も失われやすくなってしまいます。

 

 

 

そして肌が乾燥するとやってくるのが強い痒み。

 

さらに痒くなって描いてしまうと、さらに肌が荒れ痒くなってしまうという、悪循環に陥ります。

 

 

 

また、乾燥肌の場合は、季節に関係なく肌が乾燥してしまうことがあります。

 

もちろん冬は特に荒れやすいのですが、湿度の高い夏でも肌が乾燥してしまうのです。

 

 

 

肌質は人それぞれであり、どんなに健康的な生活を送っていても乾燥肌が改善しないことがあります。

 

そのような場合は、保湿剤を使用して肌を保護するようにしましょう。

 

乾燥肌を放置していると、角質層が粗くなってしまい、余計に悪化してしまいます。

 

 

 

キメ細かい肌というのは、潤いがあって初めて手に入れられるもの。

 

肌の水分量が少ないと、キメが荒くなり弾力が失われ、肌触りも悪くなってしまいます。

 

 

 

キメが荒くなった肌は、肌表面の保護機能が弱まってしまうため、外部からの刺激に弱くなってしまうのです。

 

その上から掻いてしまうと、角質層が剥がれ更に敏感な肌になってしまいます。

 

 

 

保湿剤は、肌に潤いを与え、その潤いを長時間キープしてくれるものを選びましょう。

 

そして乾燥してきたと感じたらこまめに塗り直すことが大切です。

 

 

 

一日の中で特に乾燥しやすいのはお風呂あがり。

 

お風呂から出ると、強い痒みに襲われ我慢できないという方も多いのではないでしょうか。

 

これは急速に肌表面の水分が失われているためで、濡れたまま保湿せずに放置していると、さらに肌の乾燥が進んでしまいます。

 

 

 

お風呂から上がったあとは、オイルやクリームを使用して肌が乾燥する前に保湿することを心がけてください。

 

しっかりと保湿をすることで、キメが整い肌のかゆみを抑えることができます。

 

 

 

夏場は保湿しないで過ごす方も多いかもしれませんが、湿度の高い夏も油断は大敵。

 

乾燥肌の方は、ベタつかないタイプの保湿剤を使用するなどして、夏でも保湿することを忘れないようにしましょう。