肌がチクチク、ピリピリ。ビニール肌の原因と対策

肌がチクチク、ピリピリ。ビニール肌の原因と対策

肌がチクチク、ピリピリ。ビニール肌の原因と対策

 

顔に紙など触れればチクチクしたり、風に当たるだけでヒリヒリして着たり、普段から肌がピリピリするような時は、皮膚が薄くなってるケースがあって、この状態の肌を一般に敏感肌と呼びます。皮膚がうすくなってるのは、角質層が薄くなっている、ほとんどなくなっている状況で、角質層がなくなっているのをビニール肌と言いますが、そこまでいかなくても薄くなれば皮膚の水分量が低下して乾燥肌になります。

 

 

 

これは角質層の水分量が健康な肌の水分量の30%以下になった状態。

 

 

 

角質層が薄くなった状況で肌のバリア機能がしっかり働かないで、外からの刺激が肌の深い層に届くので、肌の神経が敏感に反応したり真皮層で炎症が起きたり痛みを感じます。そうしたときのケアで、炎症を抑える・角質層を育てるケアが有効。肌が熱を持っていれば皮膚科にかかって外用薬を保証してもらって、炎症の治療を。病院に行くほどではなく外皮膚が熱を持ってほてっている、ほてってないがピリピリするようなときは、ほてりをおさえて、角質層を生まれ変わらせるためのケアが大事。

 

 

 

そのためほしつが重要でセラミドが配合されてる化粧品を使ってケアをしましょう。これは細胞間脂質の一つで、細胞間を結び合わせる役目があり、さらに水分を蓄える機能が当て、水分量が減りバリア機能が損なわれた角質層の働きを蘇るのにいいです。健康な肌は古い皮膚の細胞は時期が来ればはがれて、常に新たな健康な細胞が肌を守り、こうした新陳代謝をターンオーバーと言いますが、健康な角質層は正常なターンオーバーがされることで保たれます。

 

 

 

ピリピリ肌になるには、ターンオーバー周期が早すぎるためで、これが早すぎれば再角質細胞が育ち切らず、未熟なままか形成されて、入れ替わりが早ければ角質を落とす分解酵素がうまく分泌されないで、細胞がどんどん重なってしまいます。

 

 

 

航した状況では、細胞の重なりが邪魔で余分な皮脂を外に出せなくてニキビなどのトラブルになりやすいです。